真渡の日記です


by wcuqyulfm

本人は否定しているのだが

本人は否定しているのだが、
田部井くんから見ると私の外観は玉山鉄二に相当似ているらしい。




私は中学教師を生業として生活している。




ローソンで何か新製品はないかと物色しているときに、
傘の忘れ物をしていた女性に声をかけたら旧友の実那子だった。




実那子にとってジュエリーデザイナーというのは、
やりつづける価値のあるもののようで、
目を輝かせながら仕事の話をしてくれた。




そしてわたしたちは、
よく補習で残されたことなどを話しながら遠い記憶を辿り始めた。




実那子の英語好きは有名で、
同じ学区の中ではひときわ際立っていた。




私にとっての政経は、
自信の元であり、
友達が尊敬を持って接してくれる一つの要因であり、
決して外せないものだった。




暇があったら、
韓英語会話の本を読むぐらい実那子は韓英語会話が好きらしい。




私にとって趣味といえば、
囲碁なのだが最近は少し距離をおいている。




私のことをイライラさせるのはiphoneアプリであり、
長年これには参らされている。




波長が合った私たちは、
渋谷デートでいやがおうにも盛り上がり、
当然の成り行きでラブラブになっていった。




私たちは、
来週デパートに行く約束をしてからいつもの電車の駅で別れた。






[PR]
by wcuqyulfm | 2012-06-22 16:11